『iPhoneアプリ設計の極意』

iPhoneアプリ設計の極意 ―思わずタップしたくなるアプリのデザイン

iPhoneアプリ設計の極意 ―思わずタップしたくなるアプリのデザイン


今回は書籍を紹介します。
iPhoneアプリのデザインに関する書籍ですが、見た目の話しで終わらず『デザイン=アプリの機能+性能+UI』という思想で書かれています。
デザイン集ではなく、思想書。かなりの読み応えです。(ためになるだけでなく、読んでいて楽しい)
iPhone』と有りますが『android』開発者にも、もちろん参考になりますし、スマートフォン向けアプリケーションを開発されていない方にもお奨めしたいです。
沢山の気付きを与えてくれると思いますし、『使いやすいアプリケーション』とは何か考え直す良いきっかけになるでしょう。


以前書いた記事で使ったサンプルのUIは駄目駄目でした。
(感覚が古い上に、感度も鈍くなっているなと反省)
親指が操作の中心となるスマートフォンでは


こうではなく


こうすべきとの事。


この本に書かれている通りにすれば良いという事ではないですが、この本に書かれている『思考を追う』事が製品開発の上でプラスになると思います。